Top > 鍛冶

鍛冶

ooで追加されたシステム。ハンマーを使って装備の作成・強化・合成ができる。
初めは酸で劣化した装備の修復くらいにしか使えないが、修業を積むに従い真価を発揮するようになる。

 

基本事項

  • 材料を揃えてハンマーを使う[t]ことで鍛冶ができる。
    • 一部の作業は金床、溶鉱炉、溶解炉がマップ内に存在している必要がある。
      これらはPCの所有物でなくてもよい。ヴェルニース、パルミア、ダルフィ、戦士ギルド、工房ミラル・ガロクには3つとも設置されている。
  • 実行するとスタミナを消費し、ハンマーと耐久に経験値が入る。
    • 鍛冶スキルというものは存在せず、鍛冶の経験値はハンマーのアイテムに記録される([x]キーで確認)。
    • 鍛えたハンマーは大事なものに指定するなどして、失くさないよう注意。
  • ハンマーは雑貨屋、何でも屋、モイアーが売っているほか、釣りでも入手できる。
    • 職業鍛冶屋は初めから丈夫なハンマー(Lv20)を所持している。
    • 願う時は「ボロボロのハンマー」ではなく「ハンマー」。
    • oomSESTでは棄てられた農村地に確定で落ちている。

ハンマーの成長

ハンマーはレベルが一定まで上がると名前が変わり、できることが増えていく。

Lv名前できること
1ボロボロのハンマー装備の修理、装備の作成、家具の加工(oomSE)
11丈夫なハンマー
21鍛冶師のハンマー装備の強化、アーティファクト合成
31玄人のハンマー合成できるエンチャントの種類が増加
41名工のハンマー全てのエンチャントを合成できる
 

できること

装備の修理

  • 酸などによりマイナス値の付いた装備を±0まで修復する。
  • 必要な物はハンマーと劣化した装備のみで、初期レベルから実行できる。

装備の強化

必要な物:金床、ハンマーレベル21以上

  • ハンマーLv/7までの強化値を付与する。
    • oomSESTではハンマーLv×9/20まで。
      • レベル2000になると50増え、+950まで。
      • 転生後は上記の式+50まで。
    • NCではハンマーLv×3/10まで。
  • 強化した装備は売値が上がるので金策にも利用できる。
    • 強化値+1につき、武器は50%、防具は20%高くなる。

装備の作成

  • 確率で失敗することがある。
    • 成功率はハンマーレベルと耐久が高いほど上がり、材料の価格が高いほど下がる。
    • 失敗しても少量の経験値を得られるが、材料は失われる。

武器の作成

必要な物:溶鉱炉、金床

作る物材料1材料2備考
大剣、長剣、短剣、槍、鉾槍、斧、大斧、鎌折れた刃ミカ
ルビナスの原石
エメラルドの原石
ダイヤモンドの原石
ドラゴンの皮
★《バニラロック》
木片oomSESTで追加
機械弓、銃、光子銃鉱石の欠片
矢、クロスボウの矢束、弾丸、光子弾動物の骨
  • 材料2に選んだアイテムによって完成品の素材が決まる。
    • ミカ、原石系はそれらの素材製になる。
    • ドラゴンの皮は竜鱗製になる。ドラゴンは類がドラゴンのもの。
    • ★《バニラロック》はアダマンタイト製になる。
    • oomSESTでは、大地・魔力・太陽の結晶で硝子製に、死体で生もの製にできる。

防具の作成

必要な物:溶解炉、金床

作る物材料備考
鎧、兜、盾、重靴、ガントレット
指輪、首輪金塊oomSESTで追加。ゴールデン製
  • ほとんどのモンスターの皮は鱗製になるが、一部のモンスターは特有の素材になる。
    • ドラゴン系は竜鱗製、ミスリルゴーレムはミスリル製、ウィスプはエーテル製など。
  • 指輪はオーロラリングやスピードの指輪ができることもある。

アーティファクト合成

必要な物:溶解炉、金床、★アーティファクト合成許可証、ハンマーレベル21以上

  • ハンマーを使い、許可証→装備①→装備②の順に選ぶと合成できる。
  • 許可証と装備②は消滅し、②が持っていた継承マーク付きエンチャント全てが装備①に追加される。
    • 一度に追加できるエンチャント強度は*1つ分まで。
      • 主能力なら1まで。特殊弾は1発まで。
      • 強度マイナスの場合は丸ごと継承されてしまう。
    • 重ねがけで強化できる上限はハンマーレベル10につき*1つまで。
      • ハンマーレベル40で素晴らしい耐性、1170でダメージ無効100%を達成できる。
    • 実質0の*が末尾に表示される性質により、見かけ上の*は上記より1つ多くなる。
  • 合成できるのは生き武器でないランダムアーティファクトのみ(ガロクの槌で☆にした物も可)。
  • 装備の部位や種類は問わない。盾と矢弾などでも合成できる。
  • 継承マーク=エンチャントの左に付いている金色の紋章。
    • 固定エンチャントには継承マークが付かない(ミカ素材の運や鎌の首狩りなど)。
    • 一番上のエンチャントには継承マークが付かない(oomSEでは付くようになった)。
    • マイナスエンチャントには継承マークが付きやすい。
  • 1つの装備に付与できるエンチャントは15個まで。
    • 合成して15を超える場合は、合成前の確認画面で上位のエンチャントが優先される。
      アイテム詳細画面[x]とは順番が違うので注意。
  • 「相手は死ぬ」は継承マークが付かず、15個制限にも含まれない。
  • ハンマーレベルによって扱えるエンチャントの種類に制限がある。合成できるのは以下の通り。
    鍛冶師のハンマー(Lv21~)玄人のハンマー(Lv31~)
    (主能力)を~上げる
    ~の技能を上げる
    ~を維持する
    ~属性の追加ダメージを与える
    ~を装填できる
    テレポートを妨害する
    (状態異常)を無効にする
    雷雨と雪による足止めを無効にする
    あなたを浮遊させる
    透明な存在を見ることを可能にする
    異物の体内への侵入を防ぐ
    被る物理ダメージを軽減する
    神が発する電波をキャッチする
    ~に対して強力な威力を発揮する
    他者の信仰を明らかにする
    ランダムなテレポートを引き起こす
    使用者の生き血を吸う
    あなたの成長を妨げる
    魔物を呼び寄せる


    ~への耐性を授ける
    速度を上げ、ワールドマップでの移動時間を短くする
    エーテルの風からあなたを保護する
    あなたを変異から保護する
    追加打撃の機会を増やす
    追加射撃の機会を増やす
    攻撃された時、相手に切り傷のダメージを与える
    出血を抑える
    名工のハンマー(Lv41~)
    ~を発動する
    攻撃対象からスタミナを吸収する
    全てを終結させる
    攻撃対象からマナを吸収する
    完全貫通攻撃発動の機会を増やす
    稀に時を止める
    アイテムを盗まれなくする
    腐ったものを難なく消化させる
    呪いの言葉から保護する
    クリティカルヒットの機会を増やす
    被るダメージを稀に無効にする
    魔法の威力を高める

家具の加工

  • oomSEで追加。

ハンマー転生

oomSEで追加された要素。

  • レベル上限になったハンマーを使い、そのハンマー自体を対象にすると転生させることができる。
    • 最初はレベル2000が上限。転生させるごとに+2000。
    • 転生させるとハンマーの強化値が1増え、レベルと経験値がリセットされる(NCではリセットされない)。
  • 転生したハンマーは以下の効果を得る。
    • 装備を最大で+1000まで強化できる。
    • 一度に付与できる強化値が転生回数分だけ増える。
    • アーティファクト合成で、一度に追加できるエンチャント強度と重ねがけできる上限が増える。
      • どちらも(転生回数^2)+1倍。
    • ガロクの槌をアーティファクト合成のエンチャント取り出し元に選べる。
    • レベルアップに必要な労力が増える。ただし上限-2000レベルまでは育ちやすい。
  • oomSESTでは、7回以上転生したハンマーが次の効果を得る。
    • 装備を1000+(ハンマーLv/1000)まで強化できる。
      • 最大で+9999。ここまで強化するためには8999000レベル必要。
    • 装備を連続で作成する時、「何度も」の選択肢を追加。
      • スタミナか材料がなくなるまで作り続ける。
      • レベルがカンストしても自動で止まらないので、数の調整は慎重に。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS