Top > カスタム > カスタムワールド

カスタムワールド

カスタムワールドとは

追加シナリオや追加マップを創造したり遊ぶことができるようになったMMAの機能。
自由度が上がりより広い世界が構築できるようになったユーザーマップ(ショウルーム)の拡大版のようなもの。

カスタムワールドがプレイ可能なヴァリアント→MMA、TT、MMAh
Table of Contents

カスタムワールドの導入方法

  1. カスタムワールドファイル(拡張子cwd)をelona/userフォルダーにコピーする。
  2. ゲームを起動し、ワールドマップ上でF8キーを押し、「カスタムワールドを読込」を選択する。
  3. 読み込みたいcwdを選ぶ。(ワールド規模によっては構築に時間がかかる場合もある。)
  4. 一度読み込んだ後はuser内でファイル構成を変更しても問題ない。

プレイ可能なカスタムワールド配布先

 カスタムワールドまとめwiki公開中のカスタムワールドページ参照。

カスタムワールドの削除方法

  1. ワールドマップ上でF8キーを押し、「カスタムワールドを撤去」を選択する。
  2. 削除したいワールドを選び、ゲーム内からの操作でデータを削除する。
  3. 削除されきれないファイルもあるので必要に応じてuserフォルダ内とcmapフォルダ内も確認する。

カスタムワールドの遊び方(通常ワールド)

  1. ノースティリス南部関所にいるキャラバンの隊長に話しかけ、「キャラバンを雇う」を選び、選択したカスタムワールドに移動する。
  2. 移動先のワールドにもキャラバン隊長と同じ機能を持ったNPCが設置されているはずなので、話しかけてノースティリスに帰還する。
    一見NPCとわからないオブジェクト風の見た目の場合もある。

カスタムワールドの遊び方(スタートアップワールド)

  1. あらかじめスタートアップワールドをF8から読み込みしておく。
  2. ゲームを立ち上げ直し新規キャラクターを作成。
  3. シナリオ選択メニューが現れるので、導入したワールドを選択する。
    ※プレイ中データからのスタートアップワールド撤去はできない。

カスタムマップについて

  • カスタムマップはカスタムワールドの構成要素の一つ。自作すれば単独でも遊べる。(必ずしもカスタムワールドに同梱する必要はない。)
  • 作成済みファイルの拡張子は「.cmp」。作り方や詳細はMMA同梱テンプレートやreadme及びカスタムワールドwiki参照。
  • .cmpファイルはF8メニューから読み込む。読み込みと同時に配置される。関連ファイルがcmapフォルダ内に展開される。
    • ノースティリス以外のワールドマップ(サウスティリス、テストワールド、アセリア大陸)に配置可能。
  • F8メニューに撤去コマンドはない。配置済み施設はユーザー物件同様、グローバルマップ上で拾う(g)と撤去される。
    • 撤去後再配置する場合はF8の読込コマンドではなく配置コマンドを選択すればよい。
 2012/09/09(人柱)版
・F8のメニューから自宅とダンジョンをカスタムマップファイルとして保存できるように
・F8のメニューからノースティリス以外のワールドマップにカスタムマップを配置できるように
・配置できるカスタムマップは50個までで同じマップは複数配置できない
・一度作成したカスタムマップは他のヴァリアントでも中に入れるけど未生成(一度も入ってない)の階層に他のヴァリアントで行こうとすると落ちる
・配置したら一通りの階層を回ってマップを生成しておくのを推奨

 2012/09/11T(人柱)版
・カスタムマップ、カスタムワールド、カスタムワールド関所の合計設置可能数を最大で189に

注意点

  • 初期設定ではカスタムワールド内自動セーブ無効となっている。設定から変更するか手動でのセーブを行う。
    [拡張設定2(MMA)]→[CMAP/WORLD中保存]→[警告あり/通常]
  • 大規模なカスタムワールドをプレイする場合は導入前にセーブのバックアップを取り、ワールドプレイ専門のデータを用意した方が安全。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS